1. トップページ
  2. 受付から納品まで

受付から納品まで

受付から納品まで

①プリフライト

出力前にフォントやリンクファイルなどのデータをチェックして、ドキュメントの品質を管理する。必ず工程のどこかで行っておく必要がある。

②画像修正

DTPで扱えるようにポジ、ネガ、紙焼きといった原稿をデジタルデータに変換する工程。デジタルカメラによるRAWやJPEG形式のデータの色調修正。その他、写真合成、カラーモードの変換なども行う。

③面付け

複数ページのデータを製本仕様に基づいて1 ページずつ配列する。乱丁・落丁を防ぐための背丁や背標、トンボや色玉、カラーバーといった情報を加えていく。

④RIP

Raster Image Processerの略。ベクトルデータを印刷用のビットマップデータにラスタライズするソフト、またはハードウェアのこと。「TrueFlow」などの統合システムはRIPがベースになっているシステムで、これに面付け機能などを追加している。

⑤DDCP

Direct Digital Color Proofingの略。製版フィルムを使用せず、基本的に簡易校正機を使用しないCTPに欠かせない校正刷り用カラー出力機。ハイエンドDDCPはカラーマッチングの精度が高く、特色を除いて最終的な印刷物とほぼ同じ色校正が可能。

⑥CTP出力

刷版を作成するためにフィルムを作る必要がないシステム。アミ点の再現性がよい、見当精度が高い、ゴミ・キズが発生する中間工程がない、フィルムに比べて工程が短縮されスピードアップが図れるなどのメリットがある。

日本書籍出版協会
造本装幀コンクール
2年連続受賞
  • 受付から納品まで